狭小住宅でもやりようがあるし割り切り大事

狭小住宅を建てざるを得なくなった場合は、もう割り切って3階建てにしてしまうのも有りだと思いますよ。そしてまた「60歳ぐらいまで住む家だから」と、割り切る気持ちも大事かも知れませんね。「一生住む一戸建てマイホームだから!」と、気合いを入れたところで、なかなか思うような土地、費用などが手に入るわけではありませんから。

なんやかんやの事情で狭いスペースに一戸建てマイホームを建てることになったとしても、まあそれほど悪くはないと思うのです。なぜそのように思うのかと言いますと、実際に私の友達が「あ、まさに狭小住宅じゃん」と思ってしまうような一戸建て住宅を建てているからなのです。しかし友達は割り切っています。

友達の狭小住宅は吹き抜けあり、そして壁があまりない1〜2階は一室空間タイプの3階建ての狭小住宅です。もちろんオープン階段です。マンションよりも一戸建てにしたのは、「だって音とか気にしなくていいからやっぱ一戸建ての方がいいじゃん」ということだそうで。随所での割り切りも快適に暮らすコツなのかなーとは思いましたね。