日本の住宅と比べて不便だった点、住みにくかった点

私が、欧風住宅に住んでいて、日本の住宅と違って不便だった点や住みにくかった点ですが、まず、欧風住宅は、窓の作りが違うことです。木の窓となっていることが多く、老朽化すると、開閉がしにくい家が多々ありました。海外にいるときにこういった家に住んでいましたが、窓が開けづらく操作性が日本のアルミサッシよりも低く感じられてしまいました。
また、海外の住宅は、主に外で遊んだり、庭で日光浴をしたりと、そういったことがしやすいようにガレージが広めにとられていたりと、そういった面があります。日本の家屋と比較しても、テラスなどが多かったりします。このため、あまり外でこういったことをしたくない場合には、これらの掃除やメンテナンスが必要となってしまって、そのあたりは不便だなと感じました。ガーデニング、日光浴といったこういったことをしない場合には、これらのスペースが無駄に感じてしまい、住みにくいな戸感じてしまうことも多かったです。