輸入住宅はどうだろう?新築一戸建てに決めた理由

私は、2017年に新築一戸建て住宅を購入しました。輸入住宅や注文に比べてリーズナブルな価格な建売の分譲住宅の購入を考えていました。

しかし、自分達で考えた家を作りたいと考え金額は高くなりますが、輸入住宅のような設計も夢ではない注文住宅を購入する事にしました。大手メーカーではなく地元の工務店でお願いした事もあり、注文でありながらも比較的安い費用に抑える事が出来ました。注文住宅では、住宅のイメージや間取りを伝えていくと始めの設計から変更して頂けます。

生活スタイルや動線に合わせた間取りにするには、注文住宅を選ばないと出来ません。輸入住宅のようなこだわりのある設計も建売では無理です。人生で一度の大きな買い物の為、いろんな面で後悔しない様に注文を選びました。注文住宅を購入しようと思ったタイミングですが、子供が産まれる事が分かった時点で購入を決めました。

子育てをしていくには、狭い賃貸では不便な点が多くなる事が予想された為、すぐに決定しました。マンションという選択肢もありましたが、ワンフロアになる為、2階建てにして部屋を増やせる一戸建てにしました。輸入住宅や注文は自分で好きな様に間取りを決められる点が決めるにあたり大きなポイントとなりました。

次に土地選びですが、様々な土地を確認しました。駅が近い、街の中心部、学校や公共施設が近いといった立地環境と費用、土地の形状をチェックして決めていきました。立地条件が良い程、金額も高額になる為、総予算を確認しながら土地選びをしました。私達は、駅が近く土地の形状も正方形で良い条件の土地が見つかりました。

私が建てた一戸建ての自慢出来るポイントとしては、部屋の数の多さと機能的な設備が多い点です。収納部屋を多く作った事もあり、収納に困る事が無く部屋の中を綺麗に保つ事が出来ます。輸入住宅のような地下室や屋根裏収納はおすすめです。

また床暖房やダウンライトといった最新の住宅設備を採用しました。輸入住宅に比べて快適性はおちるのでしょうか?今は快適に生活出来る一戸建て住宅となっています。後悔した事は、駐車場スペースを減らして土地の広さ一杯まで使えばリビングがもう少し広くなったかと思った点です。

PR|お小遣いNET|童話|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|心の童話|貯蓄|サプリメント|お家の見直ししま専科|SEOアクセスアップ相互リンク集|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|健康マニアによる無病ライフ|初値予想|